行田の足袋史

埼玉県行田市は、国宝「金錯銘鉄剣」が出土した稲荷山古墳をはじめ、日本最大の円墳である丸墓山古墳など、9基の大型古墳が群集する「埼玉古墳群」を有し、埼玉県名発祥の地としてしられています。 また、市内には悠久の眠りから目覚め開花した古代蓮など42種類約12万株の蓮の花が咲く「古代蓮の里」、江戸時代の忍藩十万石の城下町を今に伝える「忍城址」のほか、旅の産地を物語る「足袋倉」が点在する風情ある街並みなど、豊かな自然と歴史が息づくまちです。

行田の足袋歴。                                                                                                                                             忍・行田に足袋産業が何故根付いたのであろうか。幾つかいわれがあるが、一つは忍藩主阿部忠明候が江戸から足袋職人なるものを伴い武士の履物として造らせたのが由来だとも言われている。

1.手工業期(明和年代から明治20年頃まで)                                             明治の足袋は明治になって下級武士の妻女が生活の糧に貸仕事をしたとされています。

2.家内工業期(明治23年頃まで)                                            明治19年に橋本喜助が大工町の日野屋の酒蔵を改築して180坪の工場を作ったのが、行田での足袋工場の最初「橋本足袋工場」であった。(行田市史) 明治20年頃までに30軒を数えるに至っています。①橋本喜助 天明年中 ②栗原大八 文化年中 ③田口隆資 文政元年 ④森三七吉 明治4年 ⑤佐藤恒吉 明治6年 ⑥牧野鐵彌太 明治7年 ⑦今泉濱五郎 明治7年 ⑧新半之助 明治7年 ⑨井形糺治 明治9年 ⑩鳥居福三郎 明治9年 ⑪大澤専蔵 明治17年 ⑫高橋徳三郎 明治18年 ⑬池田鐵蔵 明治20年 等                                                       明治23年頃になると足袋の裁縫に機械が導入され、小さいながら工場生産方式をとるようになると生産高も急速に増えるようになった。「フジミシン」「ドイツ八方ミシン」の採用。

3.家内工業と工場制工業の並立期(明治25年頃から明治末期頃まで)                            明治28年には裁断機を利用して、工程を分業化して生産能率の向上を図るようになった。多くの足袋問屋は新たに工場を建て、機械を備え、問屋制家内工業へと急変し、商品も次第に大量生産が可能になった。明治25年には裁断機械と電動力が普及している。

4.工場制工業の発展期(大正初年から昭和時代)                                     明治40年代は「忍商業銀行」の資本と「行田電燈株式会社」の電動力が大きな役割を果たし、百数十軒の足袋製造会社が出現し、その後行田足袋製造も進化を遂げ、大正末期から昭和初期には全盛期を迎えるに至っている。大正3年の足袋工場「大澤商店」。大正11年(1922)「橋本喜助商店」橋本商店は足袋の商標に「ライオン」を用いた。

5.日本一の足袋のまち                                                 大正12年(1923)の関東大震災で、東京の足袋産業は崩壊し、それを契機に行田の足袋業界は念願の東京進出を果たしました。このことにより行田の生産量は大きく伸び行田は日本一の足袋産地へと成長しました。昭和2年(1927)に始まった金融恐慌は、行田の足袋産業にも深刻な影響をもたらし、この危機に、大阪・堺の「福助株式会社」が始めた工場制分業生産システムを導入して生産費を減少させ新製品を全国へ売り込みました。こうして現在にまで続く分業生産体制を確立した行田の足袋産業は、不況下の過当競争を勝ち抜き、昭和13年(1938)には年間8500万足、全国シェア約80%を生産する”日本一の足袋のまち”になりました。昭和9年「福助株式会社」忍町に出張所を設置。

6.戦時下の行田足袋                                                 昭和12年(1937)の日中戦争を契機に陸軍が行田の工場を管理・監督するようになり、翌年から防寒帽の縫製が命じられました。一方、足袋製造・販売自体も昭和12年以降戦時統制化に追い込まれ、休業する工場が続出しました。昭和17年(1942)には184の足袋業者は24の有限会社と1個人商店に企業統合され、行田足袋産業は軍需生産一色に染まってゆきました。

7.足袋から被服産業へ                                                 戦後昭和20年代に再び活況を呈した行田の足袋産業は昭和29年ナイロン靴下が発明されると、服装の洋装化とあいまって、翌年から足袋の需要は急速に落ち込んでゆきました。行田の足袋業界は被服、靴下、ヘップサンダル、地下足袋など各種繊維産業へと転換していきました。服装の洋装化の進行によって、その後も足袋の需要は減少を続けましたが、近年若い人の間で「和装ブーム」が起こるなど足袋を見直す動きも起こり始めています。行田の足袋産業は生産拠点を海外に移す企業も多くなりましたが、現在でも約30の足袋関連企業が存在し、年間141万足、全国シェアの約35%を生産する日本一の足袋産地であることには変わりはありません。                                                       足袋を売る。出来上がった足袋は、以前は袋に入れていたが、現在はビニール袋となっている。そして、行田の特徴ともいえる商標ペーパーを添付した。行田の足袋製造業者は、それぞれ自社のブランドを持ち、それを商標として登録していた。工夫をこらしたデザインによる商標を印刷し、販売に際しては製品とともに袋に入れたり、縫いつけたりして、自社の看板にしていた。1者が複数の商標を持つ場合があり、その数は行田全体で200を超えるといわれる。

昭和29年「足袋被服商標名簿」の商標ペーパー

・昭和30年「行田市経済要図」行田足袋被服振興会の発行。市内足袋被服業者数650、同製造業者数360、同関係業者数120、主要店舗120

・昭和32年「足袋被服通信115号」掲載された行田の足袋商標

7.バブル経済期以降の行田の足袋産業                                         バブル崩壊後には国内の繊維業界全体が急激に衰退した。行田市内においても昭和55年から平成9年までは全国の40%程度を占めていたが、平成25年には23.1%に衰退している。事業所の数も昭和55年の34軒から平成25年には5軒となった。しかしながら、近年では足袋の保管用倉庫である「足袋蔵」の再生やカラフルな生地を用いた足袋袋の生産など、行田足袋を取り巻く環境に新たな動きもできている。再生期に比べれば生産量や業界の規模こそ大きく縮小したが、伝統技術は今でも市内の事業所や職人に脈々と受け継がれており、その歴史は行田の歴史を語るうえで欠かせないものとなっています。                 そして、平成29年「日本遺産」認定を受けた、行田市は、和装文化の足元を支え続ける足袋の産地として、足袋蔵など歴史的建築物が残る趣きあるまちの景観が評価された。                                    以上