足袋蔵

全国にその名を知らしめた行田の足袋。行田市は忍城(おしじょう)の城下町であるとともに、足袋の町でもありました。 行田は江戸時代より足袋製造が盛んとなり明治以降いち早く機械化に成功して『日本一の足袋の街』として発展しました。 最盛期には年間8,400万足が作られ、全国シェアは80%に達していた。 まさに町全体が足袋工場のような状況で、箱屋、印刷屋など関連産業も盛んだったという。 足袋の出荷が10月頃に集中することから、江戸末期から昭和30年代にかけて保管用に多くの足袋蔵が建てられました。 現在でも全国シェアの約半数を生産しており、『行田の足袋』として多くの方々に愛用されています。

ルート別にご紹介します。

 

http://hifu-koworks.com/tabigura.ver09/indexa.html

 

 

http://hifu-koworks.com/tabigura.ver09/indexb.html

http://hifu-koworks.com/tabigura.ver09/indexc.html

http://hifu-koworks.com/tabigura.ver09/indexd.html

以上です。